世の中をおもしろくしたいだけ。毎日に笑いをプラスする仕事をしよう!

小さなお店の集客・販促サポート Laugh Plus(ラフプラス)★まきちんのブログ

大声コンテストに思う、自分の強み

お盆の帰省で

旦那実家の和歌山県新宮市に。

ここで、「佐野の柱松」っていうお祭りで

「大声コンテスト」が女性対象で開催されました。

お祭り大好きまきちん、

もちろん出場で。

地域のお祭りに、遠く愛知県からわざわざ参戦って(笑)

で、まあ大声出したわけですが。。。

ただ出すだけじゃつまんないでしょ。

(って思うところから、もうすでにおかしいけど)

だから、審査員アピールじゃないけど、

叫ぶ前に観客を煽るという。。。

イメージとしては、

ヒップホップDJとかが

「エビバデセイホー!」

みたいな言ってる感じ。。。

を、やったわけです。

500人ぐらいの前で。

(もちろん他の出場者はやってないです)

で、さあ大声をってところなんだけど、

そんなことをする自分に笑えてきちゃって、

声が思ったより出ないっていう、オチ。

まあ、それでも基礎が大声なんで、なんとか健闘しましたが、

結果2位で優勝できず。

ユーモア賞とか会長賞とかあったんだけど、

アウェーの私がもらえるわけもなく、、、

それで大声コンテスト終了後、祭り会場で

「お姉さん、大声コンテストに出てたでしょ?」

と声をかけられました。

(細かいシュチュエーションがあるけど、長いので割愛)

普通、恥ずかしくて嫌になるのかもだけど、

私はむしろ大喜び!

(しかも、ヤング男子)

まあ、そんな声かけてきたの、

500人ぐらい見てる中の、たった1人ですが。

でも、気づいた

「あ、私、大勢に受け入れられないかもだけど、

ある一定の層にはバカ受けなのね」

って。

(今さら気づきました)

みんなの人気者にはなれないかもしれない

けど、

コアファンはいるみたいな。

それがいいか悪いかはわかりません。

ただ思ったのは、

だから、今までなんか違和感っていうか、

生きにくさ?を感じていたのかなって。

みんなの人気者になろうとしていた。。。

おこがましすぎて笑っちゃうんだけど。

我が道をゆく

ってほどかっこよくありませんが、

自分の中にないものはできませんのでねー。

コアな私のファンの方々

これからもどうぞよろしくお願いします。

そして、一番すごいのは、

こんな嫁を受け入れている

義実家の皆様、旦那さま。。。

ありがとうございますー。

広告を非表示にする