女性起業家応援!ビジネスサポート★Laugh Plus(ラフプラス)

女性起業家のみなさんに役立つ、販促アイデアや集客方法で、ビジネスサポートします!ライフスタイルや価値観を尊重し、楽しみながら商売を継続するお手伝いをします。

受け取ったメッセージを次にどう伝えるか

今月は、インプット月間になってます。

「よし、インプットしよう!」と思ったわけではなく、

たまたま興味のあるものに手をだしたらそうなっただけ。

瀬戸のわたし発見セミナー

・『人と自分は違う人★わたし発見セミナー受けて』

http://amba.to/1tHbNPm

・『私の取り扱い説明書★わたし発見セミナー 最終回にて~』

http://amba.to/1tp9Lrf

一般社団法人日本ファミリービジョン協会さん

「ママSUNカフェ」

どちらも、テーマは

「自己受容」みたいな話

これまたたまたま、そういうタイミングで、

どちらも

みんな良いところを持っているから、

人と比べたり、自分にダメだししてもしょうがない

って話でした。

特に「わたし発見セミナー」の方は、

ママたちのカリスマ講師 柴田朋子さん

講座ということで、

・自分で何かやってる

・何かやりたいと思っている人

という、ある程度ポテンシャルのある方が集まっていたように思います。

託児なし、子連れNGだったのもあり、特に。

(託児なし、子連れNGが悪いということではありません。)

ということで、必然、内容もそういった方向けな感じになっていたように思います。

で、聞いていて

「これは、お母さん方たちには、パンチが強いな」

と、開始1分で思いました。

あ、それがいいとか悪いとかではなく、

ただただ、パンチが効いてるというだけの話です。

だから、今の私はふむふむとうなずけるけど、

そう思えない、そう思うことができない人もいるのではないかなーと。

(勝手に、柴田さんの講座とかはぐママでできないかなーと思っていたから)

みんな良いところを持っているから、

人と比べたり、自分にダメだししてもしょうがない

というメッセージは、どんな人にも共通。

それは、ママだけでなく、パパにだって、子どもにだって、

どんな世代の人にだって必要なメッセージ。

だけど、その人たちの置かれている環境において、

伝え方は変えていかないと、

伝えたいことが伝わらずに

「ふーん、そんな生き方もあるよね」

で終わってしまう。

でも、どんな人にも必要と思えるこの

みんな良いところを持っているから、

人と比べたり、自分にダメだししてもしょうがない

というメッセージを、

わたしは、誰に伝えて行きたいのか。。。

やっぱり、乳幼児のお母さんに伝えたいと思う。

なぜ、乳幼児のお母さん方かというと、

はぐママに来て下さる方の大半が乳幼児のお母さんであり、

私も、そういったお母さんたちを元気にしたいという想いがあるからです。

自分も、その時期(いや、まだその時期ですが)大変だったし、

娘に同じ想いをさせたくないという気持ちもあります。

だからこそ、伝え方か大事で、

じゃないと繋がっていかない。

娘のところどころか、私で終わってしまう。

上から目線で

自己肯定感が大事

だとか

自分を好きでいないと人生楽しくないよ

と言ったところで、なんも伝わんないんです。

だって、伝えたい人たちは、そう思えなくて苦しんでるんだから。

私が受け取った大事なメッセージを

どのように伝えるか、

試行錯誤しながらも、

いろんなママに、そっからパパに、子どもに

伝えていって、どんな人にも生きやすい世の中になるように、

わたしにできること、小さなことからでもやっていきたいと思います。