永遠のアイドル!から考える失敗について

だいぶ日にちが経ってしまいましたが、

12月3日(水)に放送されたFNS歌謡祭

見ましたか??

マッチ35周年記念でジャニーズメドレー。

一夜限りの競演ですわよ。

私の人生最初のアイドルは「たのきんトリオ

なので、マッチは思い入れがありすぎる。

松潤大好きまきちんは、釘付けでしたわ。

羽とか赤とか、、、ホント似合いすぎ!

王子とか、天使とかそんな言葉では言い表せませんわ。

録画はもちろん永久保存で、リピートしまくりです。ハイ。

しかし、ここに出て来てるジャニーズメンバー

数々のオーディションやらなんやらを

勝ち抜いて来とるわけです。

まずはジャニーズに入る時から。

そして、Jr.になって、さらにその中でも選ばれた人がメジャーデビューする。

が、ジャニーズで

メジャーデビューした人全てが

”成功”だったのでしょうか?

売れた人ももちろんいる、

けど、売れなかった人もいただろうし、

辞めてしまった人もいるでしょう

(あくまで、推測です汗

AKBとか吉本とかも同じ原理ですが、

つまり

爆発的に売れているものもあるが

失敗もそれと同じくらいある

ってことなんじゃないかなーって

ジャニーズ大集合を見て思ったんですひらめき電球

ということは、

それだけ数をこなしているということ

成功+失敗=挑戦した数

だから。

つまりね、

あなたの周りにいる成功者(結果を出している人)たちは、

同じくらい失敗していると思うのです。

キラキラ失敗しても、それはそれで受け入れて、

次に失敗しないためにはどうすればいいのか?

を考えてやればいい。

キラキラ成功すれば、そこからさらにいい結果を出すために

どうすればいいのかを考えればいい。

ってことは、

え、成功しても失敗してもやること一緒ですやん。

だーかーらー

「やるだけやるけど いいでしょ?」

(嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」の一節より)

ってことなんじゃないかなーと。

結局、嵐オチきゃ

嵐もSMAPも最初は売れてなかったからね。

(自分たちでよく言ってるよねー)