読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性起業家のための販促・ビジネスサポート★Laugh Plus(ラフプラス)

女性起業家応援!販促を中心とした、ビジネスサポートで、起業家人生を楽しくします!楽しく人生を全うするために!

【テレビレビュー】5年ぶりの復活★M-1グランプリ★やっぱり漫才っていいね!その2

12/6(日)開催された、

M-1グランプリ2015

長くなりすぎて、

連載になってしまいました(笑)

その1はこちら。

『【テレビレビュー】5年ぶりの復活★M-1グランプリ★やっぱり漫才っていいね!その1』

ということで、後半戦もレビューしていきたいと思います。

※完全なる個人的感想ですので、あしからずご了承ください。

※ネタバレしまくりです。

<各コンビネタについて>

えむジャルジャル(よしもとクリエティブエージェンシー)

もう、私の大好きなジャルジャルでした!

なんていうか、男の子のじゃれあい?

それがいい感じのテンポで続いて、全部おもしろい!!

反対の肩に突っ込むとかおもろすぎ。

これは、最初の「後藤」のイントネーションがおかしいっていうボケが、

わかりやすかったからなんですよね~。

えむ銀シャリ(よしもとクリエティブエージェンシー)

銀シャリ、ド漫才で、ベタなんで、結構好きなんですけど、

M-1ではあまり、はまってきません。

5年前もそうでしたね。なんかダレちゃうんですよ。

「さ・し・す・せ・そ」関係がしつこかった。

橋本(眼鏡・ツッコミ)が、弱いーーーー。

もっと、どきついツッコミが欲しかったです。

えむハライチ(ワタナベエンターテイメント)

がーーーーーん!ハライチの良さが全く出てなかったです。。。残念。

澤部が緊張しちゃってる感じでしたね。

岩井がアドリブでボケかましまくるのに、

ノリ突っ込みするっていういつものスタイルでも全然良かったけどな~。

勝負したかったのでしょうか。

まあ、実力はあるコンビなので、決勝が最下位でもぜんぜん評価は変わりません。

むしろ、よくぞこの場に挑戦してくれたと思います。

えむタイムマシーン3号(太田プロ

わーーーー!勢いがある~♪

10年前に決勝に出た時は、まっちゃんに「デブネタがしつこい」と言われ、、、

たからかわかりませんが、今回ちゃんと「ガリ」も用意して(笑)

昔、オンエアバトルを見ていた頃、大好きだったタイマ。

なんか、その感覚が蘇り、嬉しかったです。

声もしっかりはっていたし、気合が伝わりました。

<敗者復活>

えむトレンディエンジェル(よしもとクリエイティブエージェンシー

うーん、個人的には2位のとろサーモンに決勝に行ってほしかったです。

これも、視聴者審査員の弊害というか、、、テレビで見たことある~!って人のが強い。

とろサーモンにむちゃくちゃにしてもらいたかった(笑)

で、トレエンのネタは、もう、誰も傷つかない、楽しいネタなので、

いうことはありません。

PSP=ぺっ・斎藤・ぺっとか、斎藤さん全開で、楽しかったです。

<決勝ラウンド>

えむ銀シャリ(よしもとクリエティブエージェンシー)

弱いままでしたね。

なんかはまってない印象でした。

えむジャルジャル(よしもとクリエティブエージェンシー)

あれ~?1本目のがおもしろかったーーーー!

っていうのが、ネタを見た正直な感想でした。

全く変えてきても良かったかなと思います。

これが、2本ネタをやる難しさなんですよね。

1本目を引きずれればいいのですが、

正直、その後のコンビ、どれもおもしろかったですから。

特にトレエンの登場というのは、もう全部ひっくり返すぐらいでした。

かき消されてましたよね、完全に。

その中で、同じ調子で2本目というのは、

強烈な印象を残さないと、、というのはあります。

えむトレンディエンジェル(よしもとクリエイティブエージェンシー

この人たちも、2本目が極端に面白くなくなるというコンビです。

THE MANZAIでもあった)

なんせ、最初に出てきた時のインパクトたるやすごいものがあり、

2本目だと、確実にそれが薄れますのでね。

「ああ、ここで”斎藤さんだぞ”って言うよね」みたいな。はいはい。ってなる感じ。

とかいっても、私は斎藤さん大好きだから、やっぱり見ちゃうし、笑っちゃうけど、

でも、1本目ほど面白くはなかったかな。

で、優勝は

トレンディエンジェル

でした!!

おめでとうございます。

<全体の感想>

・今回、歴代王者が審査員ということで、緊張感がいつもよりなく、

また、同期が同期を審査するという、変な感じだったけど、見ていて、おかしな点数をつける人もいなかったし、良かったと思います。

・決勝ファーストラウンド3位の銀シャリ~5位のスーパーマラドーナまでの点差は5点。

となると、もう、ここら辺は点数のつけ方の微妙なところなので、当日のネタのおもしろさに違いはほとんどない。どのコンビが決勝ラウンドにコマを進めても、おかしくなかったと思います。

個人的には、タイムマシーン3号スーパーマラドーナの方が決勝ラウンドに行ってもらいたかったです。

・今田・上戸の安定感ある司会ぶりがいいですね。

やはり、今ちゃんが芸人さんと、M-1という舞台を知り尽くしているというのが、

お任せします!と言えます。

振り方も上手で、下げコメントも言わないので、このM-1グランプリというイベントを

一緒に楽しめるのがいいです。

*****************************

こんなに本格復帰するとは思っていなかったので、

見ていておもしろかったです。

全体的にレベルも高く、

緊張感もゆるめだったので、笑いの数も多かったように思います。

あと、やはり、よしもと以外の芸人さんがたくさん出てくれるのが嬉しい。

(よしもと嫌いという訳ではなく、他の事務所の芸人さんに頑張って欲しいから)

出場された

3,472組のみなさま、

本当にお疲れ様でした!

というわけで、きっと来年もレビューすると思われますので、

お好きな方はお付き合い下さいませ~。