30代・40代女性起業家応援!ビジネスサポート★Laugh Plus(ラフプラス)

女性起業家の困りごとや「ちょっとこれ手伝ってほしい!」といったことを、様々な形でサポートをします!あなたのライフスタイルや価値観を尊重し、楽しみながら商売を継続するお手伝いをします。

同業者がパクリに近づいてきたら・続編。あなたにも隙がある

ども、Laugh plus まきちんです。

 

先日、

『【レポ・ローカルP5月】自分の価値観と向き合う&同業者がパクろうと近づいてきたら。』

 

で、

 

ちょっとうまくいってたりすると、

それまで何の関係性もないのに、

すーーーっとやって来て

根ほり葉ほり聞いてくる人。

聞いてくるならまだしも、

勝手にやる人

とかいます。

 

で、こういう人の共通点は、

 

無料で得しようとする。

自分が相手に与えるのはなるべく少なく、

自分はいっぱい得ようとする。

 

それ、泥棒と一緒だかんね!

 

「ちょっと教えて~」

とか言ってくれればいいけど

 

「これって、こういうこと?」

なんて、ライトな感じではじまって、

どんどん聞いてくる人

 

いますね。

 

私の答えは、

欲しがってる人には、どんどんあげちゃえばいい

どうせ使いこなせないから。

 

というものですが、

 

我慢の限界もある(笑)

 

もう、これ以上聞かれてもさ~。

って、思ったら、

これまた堂々と

 

「もうこれ以上は、調べた方が早い」

「人それぞれだから、いろいろやってみた方がいいと思う」

 

といって、シャッターを下ろすことも必要です。

閉店ガラガラ!

 

NOと言える私になろう。

 

断らない自分も悪い

 

聞いてくる人に問題ありだとは思うけど、

「嫌だ」と言わない自分にも

相手につけいる隙を与えているのです。

だから、我慢の限界がきたら、

「断る」ことも必要です。

要するに手放すってこと。

 

影で愚痴愚痴とか言ってるのは、

ダサいし、

何より、自分が楽しくないもの。

 

だったら、きちんと伝えた方がスッキリするよね。

 

とにかく、自分基準で、

自分の気持ちいい、楽しめるやり方でいいので、

与えたり、断ったりしてください。

 

私は、自分の業務に関わることで、

無料で、簡単に聞いてくる人がいたら

「お金払ってくれたら教えます」

と笑いながら伝えます。

 

ごめんね、あなたを

無料で情報を得ようとする人にしたくないの。

 

 

だから、お金をきちんと取ります。

それは、お友達でもです。

いや、お友達だったらなおさら取ります。

 

お金をもらえないから、「私が嫌だ」ではありません。

情報の価値がわからない行為をしてほしくないからです。

 

こちらでご相談頂ければ、

全てお話します