「テレフォン人生相談」が大好き。

ども Laugh Plus まきちんです。

 

私、テレビも大好きですが、

ラジオも好きです。

 

断然、AM派。

 

地元ラジオ局、CBCラジオには勝手に非常にお世話になっており、

中高生の頃は、ハガキ出して採用とかされてました。

 

で、その中でも特におすすめ番組が

 

テレフォン人生相談

略してテレ人

 

です。

 

その名の通り、電話で人生相談するっていうやつですが、

相談者の話を引き出す、パーソナリティと

悩みに応える回答者

が、電話をかけてきた相談者の悩みにこたえるという20分番組です。

 

回答者の方は、

弁護士、精神科医、作家で翻訳家、心に関するエッセイスト

幼児教育研究家、、、など多岐にわたります。

 

パーソナリティーの方も、いろいろで、

柴田理恵さんとか、ドリアン助川さんとかもいるのですが、

加藤諦三先生(確か心理学の先生)が、結構メインかな。

 

この番組、30年以上続いてる番組で、

私も実は中学時代から聞いておりました(笑)

その頃のパーソナリティで覚えてるのは、

加藤芳郎さんとかね。(連想ゲームの男性チームキャプテン

最近で言うと、市川森一さん、児玉清さんとか本当に優しくて、

耳なじみも良かったです。(2人ともお亡くなりになってしまった)

 

で、これ聞いてると、

「あ、人って本当にいろんな悩みがあるのね~」

とか

「悩んでるのって私だけじゃないのね~」

 

っていうことを思ったり、

 

「うーん、わたしだったらこうするのにー」

とか

「いやいやいや、それはあんた、ここが違うでしょう」

とか

自分ごとに置き換えたりして、

考えれたりするのです。

 

相談される悩みが、自分の抱えてる問題と近かったりすると、

回答者のお答えが、本当に胸にしみるのです。

 

さらに、加藤諦三先生がパーソナリティーだと、

まとめの言葉をおっしゃることがあって、

私が覚えているのは

 

「最大の復讐は忘却です」

※嫌いな人に何かしてやろうと思うけど、

一番いいのは忘れてやることだ

 

もう、これ、衝撃でした。

え、忘れる?そんな簡単なこと??

ああ、確かにこだわってるうちは、

その人の呪縛から離れられないよねーみたいな。

 

結構、ドロドロしたお悩みとかもたまーーーーにありますが、

それも、結局は心の問題だったりとかね。

小さいころからどうだったかとかの話だったりするわけです。

それをいかに断ち切るか。

自分が必死で守ろうとしているものを捨て、

裸になってしまう勇気を持つ。

だとしても、自分の価値は変わらない。

ということを、教えてくれてるような気がします。

 

月~土 12時~12時20分

CBCラジオ

で放送中です。