小さなお店の集客・販促サポート★Laugh Plus まきちんのブログ

愛知県尾張旭市でPRツールの制作、店舗コンサルティングを行うLaugh Plusの代表 まきちんのブログです。毎日に笑いをプラスする仕事をしよう!

私がトキトキだった頃。

私ってば、実は、

 

「好き嫌いがはっきりしている」

 

つうか、とてもはっきりしている。

みんながいいとか言ってるものでも、

自分がいいと思わないといいとは思いません。

人がどうだからとかで、自分の意見を変えることはしません。

 

好き嫌いはっきりしているはずだったんだけど、

ママになって、なんだかそれが許されないっていうか。

てか、自分が許さなかったんだけど。

 

まあ、自分の考えだけじゃ動けないとこあるよね。

子どもに何が影響するかわからんし。

それは、私のせいで、彼・彼女の立場が危うくなるのは 困るという、

いわば本能的なもので、意識してたわけではない。

 

というか、一人目産後、超不安定な中で、何も頼るものがなく、

文字通りの初体験の中で、私の救いは 周りにいる同じような人たち

つまり、同時期に出産したママたちだった。

だから、それをなくすのが本当に怖くて。

だって、このママ友社会から追放されたら、 またあの辛い、

家にずっとこもりっきりの生活に戻るのか?とか思って、

まあ、必死だよ、人に合わせることに。

 

相手がどう思うか? が、私の中で最優先で、

自分の想いとかは、ちょっと置いてけぼり。

 

でもさ、そんなんでは、ちょっとは楽しいかもだけど、

その楽しさってのは、長くは続かないよね、

だって、自分を置いてってんだからさ。

 

っていうのは、今はわかる。

 

けど、その時は、子どもを育てること、

子どもをこの地域で育てることに必死だったから、

自分の気持ちを置いていってるってことも わかってなかったと思う。

てか、もう”癖”みたいになってんだね。

だから、自分ではそのつもりないけど、 まだまだ合わせてんのよ、人に。

そして、合わせたいのよ、人に。

 

で、ここ最近、なんか、辛いな~って思っていて。

何でだろうと、いろいろ自分と向き合う中で、

 

あ、自分殺してるからだ

 

と気づいた。

自分を殺してんだもんね、自分で。

それは、辛いわな(笑)

 

で、若かりし頃の、自分出しまくってた時って、

まあ、若さゆえなんてのもありますが、 どーら楽しかったのよ。

いろいろ諸条件違ったりではありますが、

確実に、今よりは幸せだったと思ってる。

だって、自由だったんだもん。私。

あ、今が不幸ってことではないです。

今も十分幸せだけど、自分でその幸せを壊してる感じ。

周りの方は誰一人悪くない。完全な被害妄想。

 

好き嫌いはっきりしていて、 人に媚びないし、

嫌いな人には、それがどんなに偉い人でも、 思いっきり態度に出したりして、

大人になれなんて言われつつ、

でも、私が嫌いな人は私のことも嫌いだから仕方ないのよね~とか思いながら。

迷いはなく。

 

もう、トッキトキにとがってました。

センスはバツグンにあると思い込んでたし それはそれで幸せで。

笑いのセンスと服のセンスがない人は死んだ方がいいと真剣に思っていた

 

自分を信じてたんだよね、きっと。

昔と同じようなことしてるんだけど、

今は、結構ビビりながらやってんのよね、

だから、すごい中途半端になる。 気持ちが。

結果、辛くなるのよね。

 

で。 もう、いろいろめんどくさくなってきたので、

あの頃の、トキトキの そんな自分に、また戻ろうと思う。

まあ、大人なんで、常識の範囲内でというのはもちろんありますが(笑)

 

自分を信じるんだー。